自家焙煎珈琲をどのように選びますか?

炭火焙煎コーヒー豆の通販「合資会社 川久保商店」お問い合わせ・ご注文 tel:042-622-0951 9:00〜18:30(日曜・水曜定休)
川久保商店公式Line 川久保商店公式Twitter 川久保商店公式face book 新規登録 ログイン

お問い合わせ・ご注文 042-622-0951
9:00〜18:30 (日曜・水曜定休)

自家焙煎珈琲をどのように選びますか?

おいしい自家焙煎珈琲豆店を選ぶ基準は、「熱源」と「提供方法」だと考えています。

熱源

熱源は、主に3つあり、どれも一長一短です。

  • 1.電気 ・・・ 最も手軽に焙煎できる方式。焦げにくく、少量でも焙煎できます。
  • 2.ガス ・・・ 一般的な自家焙煎はこの方式が多いと思われます。直火式の場合は火加減により焼きムラができやすく難しい方式です。
  • 3.炭火 ・・・ 炭火による焙煎は、遠赤外線で豆の中までしっかり火がとおり、炭火焙煎独特のよい香りがします。しかし、ガス方式よりもさらに難しく、焦げないように慎重に焙煎するため、一番手間がかかります。

この中で一番飲みたいと思うのは、やはり3番目の「炭火」ではないでしょうか?
だけど、一番手間がかかります。

提供方法

提供方法は、大きく2つに別れ、これも一長一短です。

  • 1.作り置き方式 ・・・ 普通のコーヒー豆屋は、大きな焙煎機で一括して豆を焙煎したものを販売しています。大量生産が可能でコストを下げることができます。炒り立てのものもあれば、時間が経過したものもあるでしょう。
  • 2.注文方式(オンデマンド、オーダーメイド) ・・・ 最新よく見られるようになりました。注文に応じて豆を焙煎し、炒り立ての豆を提供する方式です。豆の種類や、焙煎度合いを指定することで、お客様の好みの豆を提供できます。当然ですが注文ごとに焙煎を行うため手間がかかります。

上記のうち、おいしいコーヒーを飲むなら、やはり2番目の「注文方式」ではないでしょうか?
だけど、一番手間がかかります。

川久保商店は、炭火焙煎×注文方式。

東京・八王子の自家焙煎珈琲豆「川久保商店」は、熱源は「炭火」、提供方法は「注文方式」といういちばん贅沢な組み合わせです。

この方式をとっているお店は、全国的にも少ないのではないでしょうか?

それはなぜかというと、一番手間がかかることからコストが高く付きすぎるため、商売としてやっていけないためです。
それに、注文するお客様の立場から見ても、料金設定が高いだけでなく、注文の手間や、できあがりまで時間がかかるなど、不便なところもあります。

これだけ面倒な工程を経てもおいしくて理想のコーヒーを、お客様とお店の両者で、つくりあげていく、これが川久保商店のコーヒー豆です。

当店では、お客様が注文した焙煎度(煎り具合)を全て記録していますので、ご注文は「前回よりも深い焙煎で」といった注文でも対応できます。

焙煎の様子を公開しています→こちらをご覧ください。

注文方法については、こちらをご覧ください。

扱っているコーヒー豆の種類はこちら

ホーム 当店の特徴 焙煎をみる 商品一覧・ご注文 焙煎こぼれ話 店舗情報 個人飲食店様へ リンク集
特定商取引法に基づく表示 ガラケーサイト サイトマップ
浅煎り珈琲 自家焙煎珈琲 コーヒー豆ギフト シルキーブレンド 三段焙煎

東京都八王子市のコーヒー豆店「川久保商店」は下記地域の方におすすめします
八王子市 あきる野市 青梅市 羽村市 福生市 昭島市 日野市 多摩市 武蔵村山市
東大和市 立川市 府中市 国立市 町田市 稲城市 神奈川県相模原市

Copyright (C) Kawakubo Store All Rights Reserved.