お知らせ

炭火焙煎コーヒー豆の通販「合資会社 川久保商店」お問い合わせ・ご注文 tel:042-622-0951 9:00〜18:30(日曜・水曜定休)
川久保商店公式Line 川久保商店公式Twitter 川久保商店公式face book 新規登録 ログイン

お問い合わせ・ご注文 042-622-0951
9:00〜18:30 (日曜・水曜定休)

2017/12/15

寒い朝

毎朝氷点下の八王子。都内のビル風も寒さを感じるのですが何処か柔らかさが有ります。ところが同じ東京でも私共が住む西の外れでは顔や素手に刺す様な朝の空気感。特に朝は自転車で移動して来た時等は厚手の手袋をしていても指先の感覚が無くなり、暫く細かい作業が出来ない程。でもこれが八王子の冬の醍醐味、頬のピリピリ感がたまらないのです。焙煎用の炭も倉庫で冷え過ぎていて火のついた中に投入すると大きな音で破裂する、これも又冬の醍醐味では有ります。

この記事のURL


2017/12/08

小さな幸せ

遊びに来ていた孫(男児4歳)を日野市に有る自宅まで送って行く事に。只、素直に帰って行く訳が無く、先ずは近くに有る自転車を練習出来る公園へ。お昼過ぎになり大好物のお蕎麦で腹を満したら京王線で帰ると言い出し山田駅から乗車。未だ乗った事の無い5000系車両に乗るんだと北野駅で降りると運良く各駅停車がライナーで歓喜の小躍。その勢いのまま高幡不動駅から多摩川近くに有る自宅まで徒歩にて無事帰宅。帰りもその道を戻って行くと浅川に架かる橋から東の方向に大きな月が登っていました。残念ながら標準ズームしか持っていないので月を大きく撮れずにガッカリ。それでも見事な姿に橋を渡る人達と一緒に観月し何かとても幸せな気分となった日曜の午後でした。

この記事のURL


2017/12/01

師走

雨降りばかりの夏を憂いていたらもう師走。いろ色な事を思い返す時期でも有り、この一年やもう少し広く今までの人生等々。最近読んだ雑誌の中で同年代の方が残りの人生をどう過ごすのかを悩んでいました。「山有り谷有り」とか「晴れたり曇ったり」TVでは「人生、下り坂最高」なって云うのも有ります。波風が無かった平凡な事も良し、艱難辛苦の修羅場を潜って来たのも良し。只、この年代になって面白可笑しく自分の人生の一部を語れる過去が有るのは素晴らしい事。そんな昔を思い返す師走です。

この記事のURL


2017/11/24

時の忘れ物

先日ご来店されたお客様と今年は秋を感じる日が殆ど無かったねと話をしました。風も吹かず小春日和の背中がポカポカするあの陽射しはもう毎年感じる事が出来ないのでしょうか・?。その方が自分なりのコーヒーの飲み方として黒糖を落とし溶けるがままに任せ、段々と甘さが濃くなるのを楽しむそうです。翌日直ぐに実行、一口毎に甘さが増して行く楽しみ方、時の記憶として残して行きたいと思います。

この記事のURL


2017/11/18

移り行く季節

京都は秋の真っ盛りをTVで中継していました。それは見事な紅葉が映し出されて一度はこの季節に訪れてみたいですね。湯豆腐に鰊蕎麦、錦市場の漬物店では山芋の漬物等々・・。地元の八王子では「銀杏・祭り」が始まり、もう甲州街道は秋を惜しむかの様に家族連れが繰り出しています。一寸した片隅にも移り行く季節の演出を見る事が出来、それを発見するのも又、楽し。

この記事のURL


ホーム 当店の特徴 焙煎をみる 商品一覧・ご注文 焙煎こぼれ話 店舗情報 個人飲食店様へ リンク集
特定商取引法に基づく表示 ガラケーサイト サイトマップ
浅煎り珈琲 自家焙煎珈琲 コーヒー豆ギフト シルキーブレンド 三段焙煎

東京都八王子市のコーヒー豆店「川久保商店」は下記地域の方におすすめします
八王子市 あきる野市 青梅市 羽村市 福生市 昭島市 日野市 多摩市 武蔵村山市
東大和市 立川市 府中市 国立市 町田市 稲城市 神奈川県相模原市

Copyright (C) Kawakubo Store All Rights Reserved.